独唱とは違う合唱の難しさ

合唱って楽しいけれど難しい!独唱との違いとは

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

みんなが経験する合唱

合唱において、大事なことは協調性です。 我が強く、目立ちたがり屋な人は向いていないですね。 みんなに合わせて歌う際、気を付けるべきものとして、声量と歌い方があります。 この二点を頭に入れて練習すれば、もしかしたら息の合った合唱ができるかもしれません。

合唱に欠かせないハーモニー

合唱の醍醐味は、ハーモニーを奏でること。 綺麗にハモることができると、一体感が増し、団結力が強くなりますよね。 上手くハモるにはどうすれば良いのでしょうか。 また、それぞれの合唱パートにはどのような難しさがあるのでしょうか。 お互いの苦労を理解した上で奏でるハーモニーは、美しいものになるはずです。

独唱にはない悩みの数々

歌うこと以外にも苦労はあります。 むしろ、歌うこと以外のほうが、独唱にはない難しさがたくさんありますね。 何を決めるにしても、みんなの同意がなければ後々上手くいきませんし、社会人ですと、練習スケジュールが合わなかったりと切実な問題が出てくるでしょう。

みんなと合わせて歌う!それが合唱

合唱って良いものですよね。
たった数分の間ですが、あの瞬間に起こる周りとの一体感はなかなか味わえるものではありません。
練習に練習を重ねて、上手くハモれるようになったときなど、感動さえ覚えます。
みなさんも、学生時代に何度か合唱を経験したのではないでしょうか。
クラスが仲良くなれるきっかけになるなど、ただ歌うだけの単純な行いではなかったように思えます。
では、独唱はしたことはあるでしょうか。
一人で歌うという意味ではありますが、カラオケなんかで歌うこととはまた違い、演奏会などで歌うことを指すそうです。
合唱とは違い、独唱の経験がある方は少ないのではないでしょうか。

今回、独唱とは違う合唱の難しさというテーマで、独唱と合唱の違いについて焦点を当てました。
一番の違いというと、明白なのが歌い手の人数だと思います。
サークルや趣味の集まりだと、数人ということがあるかもしれませんが、学校で行う合唱は何十人もいる大所帯です。
独唱にはない合唱の難しさは、この人数の多さゆえにあることばかりです。
合唱が上手くいく秘訣は、一言で言ってしまえば協調性です。
独りよがりが一人でもいれば、それは合唱ではなくなってしまいます。
みんなで合わせなくてはならない大きな壁があり、その壁は一枚ではなく、様々な難しさがあり、一見独唱のほうが良いのではないか、と思ってしまうほどです。
しかし、独唱にはない良さがあることも確かなんですね。
そんな合唱の難しさを挙げてみましたので、参考にしてみてください。