独唱とは違う合唱の難しさ

合唱って楽しいけれど難しい!独唱との違いとは

合唱に欠かせないハーモニー

ハーモニーが命

合唱はハーモニーが命です。
いわゆる、ハモる、ということですが、ハーモニーは二つ以上の音がなければ成立しません。
独唱ではよく楽器とハーモニーを奏でる、と言いますが、純粋に歌声だけでとなると、合唱でしかできませんね。
独唱とは違い、合唱ではハーモニーを奏でる難しさがあります。
上手くハモる方法として、自分以外の歌声をよく聴くというのがあります。
協調性が必要ということにも通じますが、他人の歌声に耳を傾け、合わせようという気持ちを持つと、自然とハモれていたりするそうです。
技術云々の話ではありませんね。
要は独りよがりにならずに、周りと寄り合っていくことが大事だと言うことです。
根気強く、周りと協力して練習することができる人でないと、合唱は難しいですね。

合唱パートに楽なパートはない!

合唱でハーモニーを奏でるため、パート分けをしますが、どのパートにもそれぞれの難しさがあるようです。
女性パートでいうと、メロディーが多いソプラノが簡単そうに思えたりしますが、その分華やかさや存在感を求められたり、高音を要求されて体力的にきつかったりすると言います。
また、合唱団にもよると思いますが、メロディーパートだからそこまで練習は必要ないだろうと、軽く見られてしまうこともあるようです。
メゾですと、中間の音域を歌うので、音域が広かったり、上と下に挟まれる形で歌うので、音程が取りづらかったりと苦労があります。
アルトは自分が主旋律となることが少ないので、最初の音をとる段階で苦労し、そしてそれを覚えることも難しいです。
合唱は、それぞれのパートが苦労して練習し、さらにみんなで合わせて上手くいかなかったりと、独唱にはない難しさがありますね。